独身OLがマイホームを夢見る貯金ブログ

35歳独身OL マイホーム目指して貯金ゼロからの記録

見た目年齢

子どもの頃からどちらかというと、年上に見られることが多かった私です。

 

小学生の頃は、身長が160近くあったのもあり、小学生料金の場所では疑いの目で見られたりしてました。

 

中学生の頃は、中高生くらいに見られていましたが、高校生になり、化粧をするようになると、20代半ばに見られることが多いというか、制服を着ていない限り、高校生に見られることはありませんでした。

 

高校を卒業して働き出すと、「ベテランの雰囲気がある」だの「新人には見えない」だの、転職先でも「20歳の子が入ってくるって聞いてたけど、見えないね~」だの、色々言われました。

 

そして、20代はあっという間に過ぎて行き、30代に突入。

 

すると、実年齢より若く見られるようになりました。

 

相手が気を使ってる?

 

とも、思わなくもないけど、明らかに、実年齢やそれ以上に見られることはなくなりました。

 

若い頃、見た目が老けてると年取ってからは、そんなに老けて見えないといわれてきましたが、本当にそうなんですね。

 

そして、先日今までで一番若く見られました。

 

エアコンの取替えをしてくれていた業者さんから、

 

「今日は学校休みなんですか?」

 

って言われ、

 

「えっ?」と思い、

 

「私、社会人です。35歳です」って言うと、

 

業者さんは「マジですか?35にはとても見えないですよ。大学生かと思いました」だってさ。

 

本当にそう思ったのか、社交辞令だったのかは不明ですが、若干嬉しくなっちゃいました。笑

 

さすがに、20代前半に見られたいって欲は無いけど、30前後に見られるように、残りの30代を過ごしていけるように、日々のスキンケアには心がけようと思った出来事でした。